賃貸契約と印鑑証明

賃貸の契約時にいるもの


トップ » 賃貸の契約時にいるもの

賃貸マンションの契約の必要書類

賃貸マンションを契約する際には添付書類として要求される書類がいくつかあります。一般的なケースでは、契約者本人の住民票と源泉徴収票などの所得に関する証明書。そして連帯保証人の印鑑証明書です。最低でもこの3点は契約時の添付書類として要求されますので事前に準備しておいた方が得策でしょう。賃貸マンションの契約の連帯保証人に印鑑証明書が必要とされるのは、通常契約に際して連帯保証人は調印の場面に同席をしないため、同席をしない人の意思確認としては、本人しか取得しえない書類を提出してもらうことが一番確実なため、この書類の提出が要求されるのです。

印鑑証明が必要な場合

賃貸物件を借りる場合に、その契約で印鑑証明と実印を求められることはよくあります。特に連帯保証人には、求められる場合があります。これは、賃料の不払いが発生した場合に、備えるために必要なことです。その場合、借り主本人から賃料を回収することが難しい場合があります。その場合、連帯保証人にその賃料の支払いを求めることがあります。契約するときに、立ち会わない連帯保証人が多いです。そのため、会ったこともない連帯保証人に契約を証明することが出来るのがこの書類だけということになります。そのため、より証明力の高い実印を求めて、それに対する証明と存在確認、そして本人確認の証明の意味で賃貸契約では印鑑証明を求めています。

不透明こはく - 1/17の誕生石
誕生石ブログパーツ

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸に関する契約や違約金. All rights reserved.